広告運用

未経験からWeb広告運用のスキルを身に付けた方法を徹底解説!【これだけ!】

 

デジタル化が進んだ現在、マーケターとして活躍したい!!と思っている方も多いと思います。

その中でもWeb広告への理解は今の時代必須となっており、ビジネスを成長させる上で必ず身に付けておきたいスキルです。

ピノキオ
私自身も未経験から勉強し、現在Web広告運用の仕事をしています。

知っておいてよかったことや、もっと勉強しておけばよかったと思うことたくさんあります。

そんな私の経験をふまえて、この記事ではWeb広告の基本と勉強方法について徹底的に解説していきたいと思います。

 

この記事でわかること

  • なぜWeb広告の勉強が大事なのか
  • そもそもWeb広告とは?
  • Web広告の種類
  • Web広告の運用手順
  • Web広告を運用するために必要なスキル
  • Web広告運用の専門知識を学習する方法
  • おすすめのスクール

 

ぜひ、Web広告を理解してご自身のビジネスに活かしていきましょう!!

 

マケキャン by DMM.com

無料カウンセリングしてみたい方はこちら

※WEBマーケティングが学べるおすすめスクール

 

 

なぜWeb広告の勉強が大事なのか

 

 

テレビや新聞、雑誌やラジオといったマスメディアへの広告市場に対し、近年インターネット広告市場は年々増加し続けています。

2019年電通が発表した記事では、日本国内の総広告費から推定したデータでは、インターネット広告費が2兆1048億円で、テレビメディア広告費1兆8612億円と、ネットがテレビの総広告費で上回ったことが判明しました。

テレビ・新聞・雑誌・ラジオの4マスメディアは業界自体が無くなる。ということは現状あり得ません。

ただ、無くなることはありませんが広告市場においては圧倒的にインターネットが強いので、そこにお金や企業が集まり続ける状況になります。

これだけ業界が伸びていれば収入アップや、キャリアアップに使えるスキルが付きます。

デジタル化が進む世の中においてWeb広告を使えないマーケターはマーケターとは言えません。

だからこそ今、市場の背景や時流を掴みインターネット広告業界に身をおくべきことをおすすめします。

 

マーケティングについて学べるスクールについてご紹介しています⬇︎

未経験でも稼げるスキル『Webマーケティング』ってどんな仕事?

続きを見る

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

 

そもそもWeb広告とは?

 

 

Web広告とは、インターネット広告の略称で、Webサイトや検索エンジン、YoutubeやSNS、アプリなどWeb上に存在する媒体を活用した広告です。

Webサイトや検索エンジンの検索結果ページ、SNSのタイムラインなどに設けられた広告枠を利用して、広告を出稿させることで商品やサービスの認知拡大や売上向上を狙う仕組みです。

 

広告運用を学ぶのにおすすめのスクールについてご紹介しています⬇︎

Webマーケティングのスキルを身につけるおすすめ勉強法8選

続きを見る

 

 

Web広告のメリット

 

Web広告のメリットは、以下の4つです。

  • ターゲットを絞って配信できる
  • 分析しやすい
  • 少ない費用から始められる
  • 広告の内容が変更しやすい

Web広告は、雑誌広告やテナント看板の広告などとは違い、コストを抑えながら費用対効果を高められるため、マーケティング担当者や経営者はメリットを正確に把握しておきましょう。

 

ターゲットを絞って配信できる

 

Web広告では、商品やサービスに適したターゲットユーザーを絞り込んで配信することで、より効果の高い広告施策を打てます。

ユーザー属性(年齢、性別、地域、興味関心など)を細かく絞って配信でき、本当に広告を届けたいユーザーに絞ってリーチできるメリットがあります。

ターゲットを絞り込むことで、自社の商品サービスに最適なターゲットに広告配信が可能になります。

 

分析しやすい

 

Webサイト上でのユーザー行動などが計測できるので、データも分析の材料も豊富です。

広告が見られた回数やクリックされた回数、購入まで至った人数などを数値化できるため、出稿した広告が効果的だったかの判断がしやすくなります。

 

低予算で始められる

 

Web広告は、テレビCMや新聞広告などのマス広告よりも少ない費用で広告を出稿できます。

広告費が少額な分、広告効果を高めるための工夫が必要ですが、1日100円からでも始められるのがWeb広告の大きなメリットです。

 

広告の内容が変更しやすい

 

入稿から広告掲載までも数日程度と早く、掲載されたあとはすぐにWebサイト上でのユーザー行動などが計測できるので、結果が悪いなと思ったらすぐに改善ができます。

そして、広告内容を変更する場合も反映までが早いので、改善を行いやすいことも特徴です。

 

Web広告のデメリット

 

メリットもありますが、デメリットもあります。

  • 知識が必要
  • 日々の改善が必要

 

Web広告は媒体ごとに入稿の方法や規定、傾向などが異なるため、運用の知識が必要になってきます。

また、本質を捉えた改善を行うためには、製品やサービス、市場を理解した上でデータを分析する必要があるので、Webマーケティング全般の知識も求められます。

また、競合も改善を進めていますので、出稿して終わりではなく日々の改善が必要です。

 

ただ、知識と少しずつ経験を積んでいくことで、活躍できる人材になることは間違いないです。

 

 

他にはない超実践的スクール
超少人数制の講義で選べる2つのコース
動画コンテンツで学び放題
現役のWebマーケターが指導
slackで質問し放題

無料オンライン説明会:こちらのリンクをクリック

超実践的デジタル広告スクール「デジプロ

 

 

Web広告の種類

 

まずは当たり前ですが、Web広告にはどんな種類があるのか理解しておくことが大事です。

 

  • どこに広告が出るのか
  • どんなユーザーに効果的なのか

この2点抑えて、主なWeb広告と特徴について紹介します。

 

 

リスティング広告はGoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索したときに、検索結果の上部や下部などの位置にテキストで表示される広告です。

 

 

キーワードに合わせて検索ユーザーのニーズは顕在化されているので、そこに対して適切な広告を展開すれば、効果は非常に高くなります。

ユーザーの中で製品やサービス、企業名、悩みや欲しいものなどがはっきりしている場合が多く、コンバージョン(製品購入やサービス申し込み、資料請求など)につながりやすいのが特徴です。

しかし、その分キーワードによっては競争が激化していて費用がものすごいかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

メリット ・購買や申し込みにつながりやすい
・効果を得られるまでが早い
・少額から出稿可能
デメリット ・競合が多いジャンルでは単価が上がりやすい
・潜在層(自分の悩みや欲しいものがはっきりしていないユーザー)や低関心者層にはリーチしにくい
ターゲット層 ・顕在層(今すぐ購入したい、申し込みたい、悩みや購入したいものがはっきりしているユーザー)
課金方式 ・クリック課金(広告がクリックされたときに費用が発生する)
費用相場 ・数百円〜数千円(1クリックあたり)

 

 

 

Webサイトやアプリに設けられた広告枠に画像や動画などを表示する広告です。

画像や動画をクリックすることで、指定しておいたリンク先のWebサイトに移動してもらうことができます。

みなさんの馴染みのあるサイトで言うと、Yahoo!でみたことが多い人が多いと思います。

 

 

興味を持って欲しいユーザーに向けて配信できるのが特徴です。

製品やサービスなどの認知拡大、Webサイトや実店舗への集客が目的の場合に向いています。

ただ、認知には繋がりますが、Webサイトに誘導したあとの離脱も多く、そこから工夫をしないと購入や申し込みにつながらないので注意が必要です。

 

メリット ・写真や動画で視覚的に訴求できる
・ユーザー属性(年齢、性別、興味関心など)にあわせて細かいターゲティングが可能
・潜在層に向けて幅広く配信可能
・単価が安いので集客数増加につながりやすい
・認知拡大を見込むことができる
デメリット ・購入や申し込みの意欲が高い層にアプローチするわけではないので離脱されやすい
ターゲット層 ・潜在層
課金方式 ・クリック課金
・インプレッション課金(表示された分費用が発生)
費用相場 ・数十円〜数百円(1クリックあたり)

 

 

 

SNS広告は、TwitterやFacebook、Instagram、LINE、TikTokなどのSNSに配信する広告です。

 

 

ユーザー自身が年齢、性別、地域などの情報を入力して登録するので、高精度なターゲティングが可能です。

また、いいねをしてくれた人など、SNS内でのアクションをもとにターゲティングを行い広告を配信できます。

基本的には余暇時間にSNSを楽しんでいるユーザーに対して広告を表示するので、認知には繋がりやすいです。

出稿する際は、Twitter for Business(Twitter広告)、Meta for Business(Facebook広告)などからアカウントを作成し、ターゲットの属性や興味関心、広告文や広告画像を設定します。

 

メリット ・ターゲティングの精度が高い
・特定のターゲット層に相性が良い
デメリット ・適切なSNS選定が必要
・購入や申し込みに繋げるには工夫が必要
ターゲット層 ・潜在層
課金方式 ・クリック課金
・インプレッション課金
・配信数型課金
費用相場 ・数千円〜数百万円(月)

 

 

 

動画広告は、動画で製品やサービスの訴求を行う広告です。Google広告(YouTube広告)やYahoo!広告、Twitter広告やFacebook広告、Instagram広告などのSNS広告で配信が可能です。

皆さんの馴染みのあるところで言うと、YouTubeで動画を見始めるときに流れる広告ではないでしょうか。

 

テキストや、画像よりも情報量を多く伝えられるので、興味関心を持ってもらいやすいメリットがあります。

出稿するときは、Google広告やFacebook広告などの各媒体からアカウントを作成し、ターゲット、動画を設定します。

 

メリット ・伝えられる情報量が多い
・印象を与えやすい
デメリット ・動画の制作費がかかる
ターゲット層 ・潜在層
課金方式 ・広告視聴単価型
費用相場 ・数十円〜数百円(1再生あたり)

 

 

 

 

アフィリエイト広告は、WebサイトやSNSの運営者に宣伝してもらい、広告主が設定した成果(購入・資料請求・契約など)に至った場合に、報酬を支払う広告です。

成果が発生しないと広告費が発生しないので、費用対効果が高いのが特徴です。

出稿する際は、直接運営者ではなく、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に出稿依頼をします。

 

メリット ・成果が発生しやすく売上に直結しやすい
・費用対効果が高い
デメリット ・成果を得られるまで時間がかかる
・配信先の管理が重要
ターゲット層 ・顕在層
課金方式 ・成果報酬型
費用相場 ・数百円〜数万円(1コンバージョンあたり)

 

アフィリエイトについてご紹介しています⬇︎

アフィリエイト初心者におすすめのASP5選【無料で登録簡単】

続きを見る

アフィリエイトジャンルが決まらない方必見 失敗から学んだ選び方

続きを見る

 

 

Web広告の運用手順

 

広告を出稿し、その結果の数値を見て「より良い結果を出すにはどう改善していくべきか」という施策を立てることが重要です。

step
1
目的・ゴール(KGI)の設定

広告を運用する目的やターゲット、選択する広告を決める

step
2
広告の設定

この広告の配信にどのくらいオカンをかけるのか

step
3
クリエイティブの作成

実際に出稿する画像や動画、テキストなどを用意します。

step
4
効果検証

出稿した広告の数字をチェックする作業を行います。

 

目的・ゴール(KGI)の設定

 

ゴール設定は一番重要なのでしっかり行いましょう。

認知を拡大させたい広告なのか、来客数を増やしたいのか、購入数を増やしたいのかなど目的によってターゲットや選択する広告、届けるべきメッセージが異なり、効果を生み出すことができません。

目的に合わせた適切な広告媒体を選定するためにも、KGIの設定が重要になります。

代表的なものは認知・ウェブサイトへの誘導・会員登録などのコンバージョンがあります。

 

広告の設定

 

広告の効果を測る指標としては、例えばCPC、CPAという指標がよく使われます。

  • 「クリック課金制(CPC)」=広告1回のクリック単位
  • 「インプレッション課金制(CPM)」=広告1,000回の表示単位
  • 「顧客獲得単価」(CPA)=1件コンバージョンあたりのコスト

どのくらい費用をかけるか、またその費用に対して1件あたりのコストをどれくらいに抑えるかを最初に考えるのは大事です。

 

クリエイティブの作成

 

各種運用型広告には広告用のテキストやバナー・動画などが必要になります。これらを総括してクリエイティブと言います。

広告のクリエイティブにはテキスト、バナー、動画など様々な形式を含みます。

 

効果検証

 

広告の運用結果がどのように成果に結びついているかを確認するため、効果検証が必要になります。

ユーザーの検索行動やWeb上での行動を分析して刺さるクリエイティブを何度も作り変え、地道に検証していくことが、Web広告の特徴です。

 

Webマーケティング戦略とは?立案に必須のフレームワークを紹介

続きを見る

 

 

Web広告を運用するために必要なスキル

 

そもそも広告運用は、Web上でさまざまな策略を立てて、実践を繰り返していくことがその本質です。

そのため必要とされるスキルには、Webをよく理解して戦法を練るマーケティング力や、データを集計してひも解いていく分析力、試行錯誤を繰り返していく継続力がとても重要になります。

 

  • 媒体の知識
  • 分析力
  • 発想力
  • 継続力

 

媒体の知識

 

まざまな媒体のサービスを通して、広告運用が可能になっています。

数多くの広告主が競合するなかで、より成果を出すためには、その媒体ごとの特性を理解しなければなりません。

Yahoo!!やGoogleなど、媒体によってその特性は異なるため、それぞれに効果的な方法で運用をすることが大切です。

利用しているサービスの特性や、これから利用する媒体の特徴について媒体資料などを通して、事前にきちんと理解しておきましょう。

 

分析力

 

分析していく力も必要になります。

分析力とは、マーケティング力で練り出した施策を振り返り、フィードバックを重ねていく力のことです。

数字データを確認して、より目標設定に近づいていくためには、常にその数字を読み解いて、原因を探ることがとても重要になってきます。

結果を細かくチェックして、データを考慮していく分析力がとても大切になります。

広告運用を結果につなげるためには、施策を常に振り返って分析していくように心がけましょう。

 

発想力

 

次はどんなバナーを作るべきか?どんなユーザーにどうサービスの魅力を伝えるべきか?という企画・発想力が求められます。

またマーケターの仕事の中にはランディングページの改善提案などが求められるケースが多く、その点でも「ユーザーが使いやすいサイトになっているか」、「反応が良いデザインになっているか」という問題に対して数値と発想力の両面からアプローチしていく力が求められると言えます。

 

継続力

 

成功させるにはより数字を出し続けるために、それらをきちんと続けていく継続力が何より必要になっていきます。

毎日コツコツと運用を繰り返していくことで、ターゲット層の目にも留まりやすくなり、成果も出しやすくなるのです。

企画した広告を実行し、出た成果を分析して、また企画して実行していく、このサイクルが続けられる継続力を身につけてより効果的に運用していきましょう。

 

未経験でも稼げるスキル『Webマーケティング』ってどんな仕事?

続きを見る

 

Web広告運用の専門知識を学習する方法

 

 

実際にどんな方法でWeb広告を学んでいけばよいのか、勉強方法について見ていきましょう!

①全体像を把握する
②基礎的な知識を身に付ける
③広告の運用を実際にしてみる

それぞれの手順について、具体的に解説します。

 

Web広告の全体像を把握する

何もわからない状態であれば、広告運用の全体像の把握から始めましょう。

WebサイトでWeb広告運用広告運用などのキーワードで検索し、サイトを5個くらい読んでみてください。

複数のサイトを読むことで、ある程度はWeb広告運用について理解できます。

Web広告を含むWebマーケティング全般について理解できる書籍もあるので流れを掴むのにおすすです。

 

 

基礎的な知識を身に付ける

 

基礎的な知識を身につけるには、専門的なWeb広告の本を一冊読み込むことがおすすめです。

ここでインプットし、実際に運用していくことで、しっかり理解できます。

 

 

広告の運用を実際にしてみる

 

広告運用についてWebサイトや本から知識を得たら、実際に運用を行なっていきます。Web広告運用は、少額でも始められるため、始めるのは簡単です。

Web広告出稿は本当に簡単に実施できます。

わからないことがあれば、ヘルプページなどを有効活用することがおすすめです。根気強く続けて、Web広告運用に慣れていきましょう。

 

ただ、もし余裕があるのであれば自分でWebサイトを作成してみるのがWebマーケティング全般のスキルセットが身につくのでオススメです!

 

ブログを始めるメリット13個とデメリット3個 正直な感想を紹介

続きを見る

『WordPress』を選んだ理由 なぜ人気なのか魅力を簡単に解説

続きを見る

 

個人でサイトを構築するのであればコノハウィングを借りてWordPressで構築するのがオススメです。

以下の記事で構築ステップをまとめていますので、是非チェックしてみてください!

【ConoHa WING】評判や料金、エックスサーバーとの比較

続きを見る

 

 

スクールだと基礎から実践的なスキルを身に付けることができる

 

個人的には、私も通いましたがスクールで実践的な所を学びながら経験することをお勧めします!

スクールで学ぶメリットとしては

  • Web広告の勉強は独学では厳しい
  • Web広告に関する最新情報を収集できる
  • Webマーケターから直接指導を受け効率的に学習できる

おすすめのスクールを紹介します。

 

デジプロ

 

デジプロ 評判

 

Web広告運用を身に着けてWebマーケターになりたい方は、実践的な講義で定評のあるデジプロは超オススメです!

 

デジプロは、未経験からでも現場で使える実践的なスキルを習得できるのが大きな特徴です。

 

ココがすごい!6つの特徴

  • 超実践的スクール
  • 超少人数制の講義で選べる2つのコース
  • 動画コンテンツで学び放題
  • 実践的なフィードバック
  • 現役のWebマーケターが指導
  • slackで質問し放題

 

 

デジプロの受講期間と料金

項目 通学プラン オンラインプラン 法人コース
オンライン質問
動画コンテンツ見放題
現役マーケターの講義
転職サポート 専属のキャリアアドバイザーによる
書類添削/面接対策
求人紹介
専属のキャリアアドバイザーによる
書類添削/面接対策
求人紹介
無し
学習スタイル 最大5名の少人数 マンツーマン

※毎週講義日時の調整可能

マンツーマン
または
集団研修
学習場所 教室
渋谷・大阪・福岡・千葉(津田沼)
神戸・大宮・横浜・広島
名古屋・北海道
オンライン 通学
または
オンライン
学習期間 2ヶ月 2ヶ月 2ヶ月 + サポート期間
講義開始日 開催日時は こちら から お申し込みから最短1週間で開始 お申し込みから最短1週間で開始
料金 33万円(税込) ※分割可 38.5万円(税込) ※分割可 38.5万円(税込)〜

無料オンライン説明会:こちらのリンクをクリック

 

Webマーケティングのスキルを身につけるおすすめ勉強法8選

続きを見る

 

マケキャン

 

マケキャンbyDMM.com

 

 

マケキャンbyDMM.comは、未経験からの転職を目指すWebマーケティングスクールです。

今までに300名以上が受講され、多くの卒業生がWebマーケティング職に転職成功しています。

  • 未経験から理想のキャリアを形成できるWebマーケター養成スクール No.1
  • スキルアップして即戦力になれるWebマーケター養成スクール No.1
  • サポート体制が充実しているWebマーケター養成スクール No.1

3部門でNo1を受賞している、最近話題のWebマーケティングスクールです。

 

特徴は下記の通り。

  1. WEBマーケターに特化したカリキュラム
  2. マンツーマンのキャリアサポート
  3. プロの現役Webマーケター講師
  4. 働きながらでもスキル取得可能
  5. 仲間と共に成長できるコミュニティ
  6. 転職支援
  7. 全額返金保証あり

 

マケキャンの受講期間と料金

コース名 マケキャンbyDMM.com
受講期間 3ヶ月プラン
料金 入会金:30,000円
受講料:598,000円
授業形式 オンライン or 教室
習得スキル Webマーケティング全体理解
検索広告・ディスプレイ広告・SNS広告
広告配信設計
データ解析(Google Analytics、タグマネジャー)
提案書・レポーティング作成
ヒアリング・グループワーク・提案
受講場所 オンライン or 教室
就職支援サポート評価 あり
無料オンライン相談 無料オンライン相談

 

WEBマーケティングが学べるおすすめスクール
完全オンラインのWebマーケター養成スクール「マケキャンbyDMM.com」

無料カウンセリングこちら

マケキャン by DMM.com

無料カウンセリングしてみたい方はこちら

※WEBマーケティングが学べるおすすめスクール

 

未経験でも稼げるスキル『Webマーケティング』ってどんな仕事?

続きを見る

 

 

まとめ

いかがでしたか?

Web広告運用は初心者でも始めることができますが、実際に効果的な運用を行なっていくためには、運用のコツを知っておくことが重要です。

実際にこれらを実践してスキルに磨きをかけていくことがとても大切です。

これらのポイントをしっかり踏まえて、広告運用をより成功に導きましょう。

 

Webマーケティングのスキルを身につけるおすすめ勉強法8選

続きを見る

-広告運用

© 2022 Pinokio Blog Powered by AFFINGER5