Webマーケティング

未経験でも稼げるスキル『Webマーケティング』ってどんな仕事?

こんにちは!ピノキオ (@LifePinokio)です!

マーケターになる為に、ブログを運営しながらマーケティングの勉強中です。

なぜ、Webマーケティングのスキルを身につけようと思ったのか、

それは、絶対に稼げるスキルだと思ったからです。

将来的に、時間とお金に余裕のある生活が目標なので、そのために何をすべきか考えた結果、特にスキルがなかった私が選んだのは、マーケターになる事が1番近道だと思い、勉強を始めました。

 

この記事でわかること

  • webマーケティングって何
  • どんな仕事をするのか
  • Webマーケティングに必要なスキル
  • 未経験からでも稼げる?稼げない?
  • Webマーケティングスキルを最短で身に付ける3つの方法

 

IT化が進み、インターネット利用者が急激に増え、多くの人が、日常的にインターネットを利用している今、Web上で企業がユーザーにアピールするWebマーケティングの重要性が増しています。

Webマーケティングの仕事をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

 

▶︎▶︎ 初心者が覚えておきたい Webマーケティング重要用語まとめ

 

Marketing Camp(マーケティングキャンプ)|集客・マーケティング 特化型スクールにつての記事はこちら

▶︎▶︎ マケキャンが人気の理由や評判、料金を徹底解説 未経験からマーケター転職

こちらもCHECK

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

Webマーケティングのスキルを身につけるおすすめ勉強法8選

続きを見る

 

webマーケティングについて

 

そもそも、Webマーケティングって何?と思った方のためにどんな仕事なのか簡単に紹介していきます。

 

Webマーケティングって何??

Webマーケティングとは、WebサイトやWebサービスを用いて行われるマーケティング活動のことで、より多くの消費者を"集客"し、サイト上に掲載された商品・サービスなどの購入を促すための活動です。

インターネット上で行うマーケティングのことを「Webマーケティング」と呼びます。

 

マーケティングとは

商品開発や宣伝、市場分析など、顧客の欲求を満たす為に行われるありとあらゆる企業活動の総称

 

顧客に「この商品・サービスを使いたい!!」と思ってもらえるように、購入まで結び付けていくのがマーケティングの本来の目的です。

そしてその活動を、Webサイトでの集客力アップ販売力アップのために行うのがWebマーケティングなのです。

チラシやDMなどのオフラインマーケティングに比べて人件費や広告コストを比較的抑えられるというメリットがあるので、多くの企業が取り入れているマーケティング手法で、最近需要が高まっているスキルになっています。

 

Marketing Camp(マーケティングキャンプ)|集客・マーケティング 特化型スクールにつての記事はこちら

▶︎▶︎ マケキャンが人気の理由や評判、料金を徹底解説 未経験からマーケター転職

こちらもCHECK

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

 

Webマーケティングの重要性

Webマーケティングの重要が高まっているのはなぜか。

商品・サービスの認知も、以前はテレビや新聞、雑誌といったマスメディアのCMや報道からだけだったところから、Web広告やWebコンテンツ、SNSを通して行われる機会が増えてきたことから、購買活動がすべてWeb上で完結してしまうケースが多くなりました。

スマートフォンやSNSの普及によってネットショッピングがより手軽になったことで、ネットショッピングの利便性が幅広い世代に認知され、オンラインショップなどのwebサイト、webサービスが増え続けていて、競争が激しくなっています。

そこで、いかに購入申し込みまでたどり着いてもらうか、どうやって「買いたい!」と思わせるのか、これらの行動をwebマーケティングの手法を使って分析する事ができるスキルの重要性は、年々高まっています。

 

 

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

Webマーケティングと近しい言葉で、デジタルマーケティングというものがあります。

結論、Webマーケティングはデジタルマーケティングの一部です。

メールマーケティングやCRMといったデジタルマーケティング1つとして、WebサイトやSNS、Web広告を駆使したWebマーケティングが内包されているイメージです。

デジタルマーケティングは範囲が限定されません。

Webにとどまらず、AIやIoT、MAなど、さまざまなデジタルテクノロジーが対象です。

 

▶︎▶︎ 初心者が覚えておきたい Webマーケティング重要用語まとめ

 

Webマーケティングの仕事内容

 

Webマーケティングと言っても、実際に何をするのかイメージが湧かない方のために、Webマーケティングの仕事内容を紹介していきます。

実際にWebマーケティングの仕事をしている人は、Webマーケターとも呼ばれます。

Webサイト(ホームページやブログなど)のユーザーの流入経路、離脱率、回遊率等をデータから分析し、検証、改善を行うことでWebサイトの登録者数やPV(Page View/ページ閲覧)数の増加を図ります。

Webマーケティングの具体的な手法としては、

  1. Webコンテンツの企画・立案
  2. WebサイトのSEO(検索エンジン最適化)
  3. SNSの運用
  4. LPO(ランディングページ最適化)
  5. データ分析
  6. 広告管理(リスティング広告・ディスプレイ広告・リターゲティング広告・アフィリエイト広告等)

等が挙げられます。

簡単に紹介していきます。

 

 

SEO特化型!WEBMARKSマーケター養成スクール無料面談の実施 (無料カウンセリング申込)は   こちら

 

 

①:Webコンテンツの企画・立案

まず初めにWebコンテンツの制作を行う必要があります。

どのようなコンテンツがサイトの目的を達成するために最も効果的なのかを考えながら、コンテンツ企画を立ち上げていきます。

Webディレクターやデザイナー、プログラマーがチームを組んでWebコンテンツの制作を進めていきます。

 

②:WebサイトのSEO(検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、検索エンジンにWebサイトの内容を適切に伝え、検索結果でより上位に自社サイトが表示されるようWebサイトを作成、調整することです

ユーザーにとって有益な情報を提供するためにコンテンツの拡充を図ることがSEO対策として重視されています。

「どんなキーワードで上位表示させれば良いのか」等を考え、そのキーワードで上位表示させるための施策を行っていきます。

 

③:SNSの運用

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSを使ったマーケティング施策は、近年多くの企業が実践しています。

ユーザーとの距離感が近く、ユーザーと企業が直にコミュニケーションをとることができる点が大きな特徴の1つです。

 

④:LPO(ランディングページ最適化)

Webサイトへ訪れたユーザーを引き留めたい場合は、LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)を行います。

ユーザーが最初に訪れたページのことをランディングページといい、このランディングページを改善し、離脱率(ランディングページのみを見てサイトを離れるユーザーの割合)の減少を図る試みがLPOです

キャッチフレーズやページの見やすさ、問い合わせや申し込みボタンの位置や文言などさまざまな観点から、ランディングページへの改良を加え最適化していきます。

ランディングページを最適化することで、コンバージョン向上に繋がります。

ABテストやヒートマップなどを活用し、高いコンバージョンを達成できるよう、ランディングページの施策を行います。

 

参考

LPOとは、Landing Page Optimization/ランディングページ最適化」の略で、リスティング広告などWeb広告からの流入先=ランディングページでコンバージョン(下部の用語集の該当部分へアンカーリンク)させるために、訪れたページにユーザーの興味をひきつけ、離脱させないようにページを改善する施策を指します。

 

⑤:データ分析

Webマーケティングの仕事では、検索エンジンやWeb広告を通して集めたユーザーが、どのような検索キーワードでサイトにたどり着いたのかを分析したり、どんな情報に興味があるのかをツールを用いて分析したりすることで、Webサイトの改善策を考えていきます。

分析から問題点を抽出し対策を行い、テストを何回も繰り返すことで、PDCAサイクルを回していく事が大切です。

分析・解析ツールは企業によってさまざまですが、Googleアナリティクス、PageSpeed Insights、Adobe SiteCatalyst、AD EBiSなどがあります。

Googleアナリティクスはよく使われています。

 

⑥:広告管理

費用をかけて、短期的・安定的にWebサイトへのアクセスを得ることができるのがWeb広告です。

最も費用対効果の高い広告配信の方法を模索する必要があります。

 

 

webマーケティング専門用語集⬇️

こちらもCHECK

ブログ初心者が覚えるべき Webマーケティング重要用語まとめ 

続きを見る

 

 

リスティング広告

リスティング広告とは検索連動型広告のことで、ユーザーが検索したキーワードや閲覧しているWebページに連動した広告が表示されるものです。

ユーザーのニーズ・興味に合わせた広告を表示させることで、広告効果が期待できます。

広告なので掲載は有料。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイトは、提携する個人ブログやメールマガジンなどに広告を掲載してもらい、そこから自社のwebサイトに誘導する方法です。

アフィリエイト広告の多くは成果報酬型の課金方式を採用しており、自社サイトを訪ねたwebユーザーが問い合わせや資料請求、商品購入などのアクションを起こした場合に料金が発生します。

 

おすすめASPです。よかったらみてください!⬇️

こちらもCHECK

もしもアフィリエイトの登録方法・始め方紹介 画像付きで紹介

続きを見る

 

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告とは、複数の広告媒体を集めた広告配信ネットワークにより、複数のWebサイトで同時に広告配信する広告手法です。

アドネットワーク広告を利用すれば、多媒体から情報発信するので、アクセス増も期待できます。

 

SNS広告

TwitterやFacebookなどのSNSに広告を掲載する方法です。

年齢や地域、興味関心などの属性をもとに、webユーザーを絞り込んで広告を配信することもできます。

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、あるWebページで表示した広告を、同じユーザーが訪れた別のWebページでも表示することです。

「追跡型広告」とも呼ばれます。

 

メールマーケティング

メールマーケティングとは、文字通り、メールを用いたマーケティング手法で、メールマガジン、ステップメールなどがあります。

メールマガジンの本質は、最終的なゴール(購入などのコンバージョン)から逆算して、お客様にどんな情報を与えれば行動してくれるかを戦略的に考えて配信していくことです。

よかったらみてください!⬇️

こちらもCHECK

ブログを始めるメリット13個とデメリット3個 正直な感想を紹介

続きを見る

 

Marketing Camp(マーケティングキャンプ)|集客・マーケティング 特化型スクールにつての記事はこちら

▶︎▶︎ マケキャンが人気の理由や評判、料金を徹底解説 未経験からマーケター転職

こちらもCHECK

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

 

 

Webマーケティングに必要なスキル

 

Webマーケティングに必要なスキルについて紹介していきます。

 

  • マーケティング全般の知識
  • 論理的思考能力
  • Webのトレンドに関心がある
  • コミュニケーション能力
  • データの収集・分析スキル
  • Webサイト構築スキル

 

1つずつ解説していきます。

 

マーケティングを身につけたい方におすすめの勉強法⬇︎

Webマーケティングのスキルを身につけるおすすめ勉強法8選

続きを見る

 

マーケティング全般の知識

 マーケティングには専門用語がたくさんあります。会議や指示を受けるときに、専門用語が分からないと会話についていけなくなってしまいます。

また、専門用語を含め、以下のような基礎知識も習得しておきましょう。

 

webマーケティング専門用語集⬇️

こちらもCHECK

ブログ初心者が覚えるべき Webマーケティング重要用語まとめ 

続きを見る

 

論理的思考力

データから人々の行動原理やニーズを探る、市場の動向を予測するといった、論理的に課題や仮説の発見・構築をすることが好きな人も向いています。

また、日々、データ(数字)を扱うため、数字に苦手意識がないことが必要です。

ロジカルシンキングとは「物事を体系的に整理し、筋道立てて矛盾なく考える思考法のこと」

 

Webのトレンドに関心がある

Webを対象にするマーケティング手法のトレンドは移り変わりが激しく、アクセス解析に使用するツール等の技術的な進歩も速いため、Webマーケティングには国内・海外の情報サイトを日頃からリサーチしてキャッチアップするなどの能動的に情報収集できる向学心の高い人が向いています。

変化に対して柔軟に対応しながら日々勉強を続けられるかどうかも、Webマーケターに求められるスキルの1つです。

日々新しい情報をインプットし、勉強を継続してできる人は、時代の取り残される事なく活躍できるでしょう。

 

継続する事が苦手の人必見!よかったらみてください!⬇️

こちらもCHECK

何をしても継続できない理由 習慣化できる7つのコツを紹介

続きを見る

 

コミュニケーション力

Webサイトを作るためにはデザイナーやプログラマーとコミュニケーションを取りながら一緒に仕事を進める必要があります。

そして、クライアントと密なやり取りをして事業やサービスについての理解を深めることも、適切な広報戦略を立てるためには必須です。

コミュニケーションをしっかり取ることが仕事を円滑に進めるためにも重要になります。

 

データの収集・分析スキル

Webマーケティングの仕事では、Webサイトへのアクセス数、購入率、広告の効果などさまざまなデータ分析が必要です。

Googleアナリティクスのようなメジャーなツールは使いこなせると良いでしょう。

 

Webサイト構築スキル(あれば尚よし)

WebサイトやWebサービスの解析や改善を行うためには、Webサイト構築に関する基礎知識があると十分に活躍できます。

  • HTML、CSS、JavaScript、PHP、SQLなどのプログラミング言語の知識
  • セキュリティ対策に関する知識
  • WebライティングやWebデザインなどに関する知識

可能であれば、実際にプログラム言語やWebデザインを学び、構築スキルも身につけておきましょう。

 

プログラミングが学べるおすすめスクール

◆学べるコース◆

  • Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)
  • WordPressコース
  • Webデザインコース
  • Webディレクションコース
  • Webマーケティングコース  他多数

◆ここがおススメ◆

  • 自宅にいながらオンライン完結で勉強できる
  • 受講生に1人ずつ現役のプロのパーソナルメンターがつく
  • チャットで質問すればすぐに回答が返ってくる
  • オリジナルサービスやオリジナルアプリなどの開発までサポート

無料キャリアカウンセリングこちら

Webマーケティングコース はこちら

 

Marketing Camp(マーケティングキャンプ)|集客・マーケティング 特化型スクールにつての記事はこちら

▶︎▶︎ マケキャンが人気の理由や評判、料金を徹底解説 未経験からマーケター転職

こちらもCHECK

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

未経験からでも稼げる?稼げない?

結論から言うと、

未経験でも頑張り次第ではめちゃくちゃ稼げると思います。

 

理由は下記です。

  1. Web業界は成長市場だから
  2. 個人でも稼げるすごいスキル
  3. 独立・副業しやすい

理由を紹介していきます。

 

理由①:Web業界は成長市場だから

今、Web業界ではたくさんのお金が動いています。

皆さんも、感じていると思いますが、ここ何年かで便利なサービスや、モノがたくさん出ていますよね。

多くの会社が競争しながら、良いもの、良いサービスを世の中に出していることもあり、Web業界はお金はたくさん動いているけど、人手が全然足りていないのが現状です。

その良いもの、良いサービスをもっとたくさんの人に知ってもらったり、購入してもらうためには、マーケティングのスキルが大活躍しますよね!

市場全体が成長していることから、Webマーケティング分野が稼ぎやすい一つの理由です。

未経験でも、求人を出さいている会社もたくさんあります!!

 

理由②:個人でも稼げるすごいスキル

例えばブログですが、ブログを書いてアクセスを集めれば、月10万円、月100万円と稼ぐことは無名の個人でも可能です。

最近だとYouTubeやSNSもそうですね。

企画、分析、対策、検証とPDCAサイクルを回して、運用する事ができれば、フォロワーを増やしたり、Youtuberで月10万円、100万円稼ぐことは可能です。

 

よかったらみてください!⬇️

こちらもCHECK

ブログを始めるメリット13個とデメリット3個 正直な感想を紹介

続きを見る

 

理由③:独立・副業しやすい

Webマーケティングで年収1,000万円以上を稼ぐなら、独立して一本で稼ぐか、あるいは会社員をやりながら副業を組み合わせてトータルで稼ぐかという選択肢ができます。

私も現在、副業でブログをやっていて、まだブログだけで生活できませんが、来年には、ブログ1本でも生活できる様になっていると思います。

マーケティングのスキルを身につければ、フリーのコンサルタントとしても十分稼げる可能性があります。「どうやって新規顧客を獲得するのか?」さえクリアできれば、企業に所属するより稼げることはほぼ確実です。

 

 

Webマーケティングスキルを最短で身に付ける3つの方法

 

マーケティングスキルを早く身につけたいという方に、3つの方法を紹介します。

 

勉強法①:スクールで学習する

Webマーケティングを独学で学んでいく際に、自分だけではモチベーション維持が難しいと感じたりして独学することにそれほど自信がないという人は、Webマーケティング専門の講座(スクール)を活用しましょう。

コストがかかりますが、独学に挫折して「学んでいた時間を無駄にした」ということを考えるとある程度の自己投資をすることは非常に良いと思います。

期間や料金は講座(スクール)によって異なりますが、どの講座(スクール)でも、行き詰まった時でも支えてくれるサポート体制や、知識だけでなく実際に現場でスキルを活かす方法なども合わせて教えてくれます。

 

WEBマーケティングが学べるおすすめスクール
完全オンラインのWebマーケター養成スクール「マケキャンbyDMM.com」無料カウンセリングこちら

 

勉強法②:自分でWebサイトを運営する

書籍や、動画コンテンツを見て学習し、インプットしたら、実際にアウトプットする場として、自分でWebサイトを運営することもおすすめです。

ブログは、アウトプットして試す事ができるだけでなく、自分の経験談、悩みを記事にすることで、誰かの役に立てる、アクセスを集める事ができたら収益も発生するなど、メリットがたくさんあります。

初期費用もあまりかからないので、マーケティングスキルを身につける場としておすすめです。

SNSを含むブログやYouTubeなど自分が運営できる媒体は基本無料で始められます。失敗してもリスクはありませんし、もしかしたらその媒体がヒットして自分のPRポイントにもなり得るかもしれません。

学ぶ環境だけではなく、それを実践する環境もたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみましょう。

 

よかったらみてください!⬇️

こちらもCHECK

ブログを始めるメリット13個とデメリット3個 正直な感想を紹介

続きを見る

ブログを始めるためのおすすめのサーバーはこちら⬇︎

こちらもCHECK

【ConoHa WING】評判や料金、エックスサーバーとの比較

続きを見る

 

勉強法③:マーケティング会社に未経験で転職する

転職サイトを見ると、意外と未経験でも募集しているところが多いです。

スキルを身につけるなら、実践が一番早いので、マーケティングの仕事をしている会社に入ってしまうのもおすすめです。

 

【レバテックキャリア】IT・Web転職サービス会員登録プログラム転職の相談はこちら

 

 

まとめ

いかがでしたか?

「華やかな仕事」というイメージのあるWebマーケティングですが、データを見ながら改善をし続けていく継続力が必要とされる一面もあります。

そういった努力を日々続けていく中で、狙い通りの結果が出たときには大きな達成感を感じることができます。

私自身も、未経験からマーケターになろうとしています。

インプットしたことをしっかりとこのブログで発信して、自分自身の成長と、他の誰かの役に立てば良いなと思っています。

 

Marketing Camp(マーケティングキャンプ)|集客・マーケティング 特化型スクールにつての記事はこちら

▶︎▶︎ マケキャンが人気の理由や評判、料金を徹底解説 未経験からマーケター転職

こちらもCHECK

マケキャンの評判 人気の理由 料金を解説 習得できるスキル紹介

続きを見る

 

 

ブログを始めるためのおすすめのサーバーはこちら⬇︎

こちらもCHECK

【ConoHa WING】評判や料金、エックスサーバーとの比較

続きを見る

 

webマーケティング専門用語集⬇️

こちらもCHECK

ブログ初心者が覚えるべき Webマーケティング重要用語まとめ 

続きを見る

 

-Webマーケティング

© 2022 Pinokio Blog Powered by AFFINGER5